美容に関するQ&A

髪を染めたらゴワゴワになるのはなぜ!?サラサラにする方法は?

傷んだ髪

女性なら誰しも、髪の毛を思い通りのカラーに染めて楽しみたい!サラサラヘアーでいたいと思いますよね。

でも、染めたことによって髪の毛が傷んでゴワゴワになってしまうことがあります。
 

髪が上手くまとまらないと、その日のテンションも下がってしまいますよね?

髪を染めたらゴワゴワになってしまう原因とサラサラにする方法をご紹介しましょう。

髪を染めるとゴワゴワになる原因は?

髪がゴワゴワになって、上手くまとまらずにボワッと広がってしまうのは、髪のキューティクルが剥がれてしまっているからなのです。

その原因について詳しくみていきましょう。
 

紫外線

紫外線は私たちの目には見えませんが、紫外線を浴びることによって肌が日焼けするのと同じように、髪も紫外線を浴び傷んでしまいます。

紫外線を浴びることによって、髪にとって大切なキューティクルが剥がれてしまいます。
 

髪のキューティクルの剥がれにより、大切な水分とたんぱく質が奪われてしまいます。

また、紫外線は頭皮の老化にも悪い影響を及ぼし、抜け毛や薄毛を多く作ってしまいます。

カラーやパーマ

カラーやパーマをあてることによって、髪の色を変えたり、髪の毛の形を変えたりすることができます。

しかし、それによって髪の大切なキューティクルを剥がしてしまっているのです。

シャンプー

シャンプーには、髪の毛や頭皮の汚れを落とすために強い洗浄力が含まれています。

その洗浄力が必要以上に強いと、髪の毛に必要な大切な水分まで奪ってしまうのです。
 

髪の水分が奪われることによって、キューティクルも剥がれやすくなります。
 

特に、市販のシャンプーなどは、髪の汚れを落とすことをメインに作られているので洗浄力が強いのです。

洗浄力が強すぎないで、しっかりと汚れを取ってくれるシャンプーを選びましょう。

ドライヤー

髪の毛は、水分を含んだ濡れた状態だと髪の毛同士が絡まってしまい、それが原因で大切なキューティクルが剥がれやすくなります。
 

濡れた状態の髪の毛が良くないので、半乾きや自然乾燥をしないのが一番です。

半乾きや自然乾燥は、一見髪の毛にいいように思いますが、濡れた髪同士が自然に擦れ合ったり、枕で擦れたりすることで髪のキューティクルが剥がれてしまいます。
 

洗髪後は、タオルでやさしく水分を取り除き、素早くドライヤーの熱で乾かしてください。

その際、乾きにくい髪の根元から乾かし、必要以上にドライヤーの熱で髪を傷めないのがポイントとなります。

  • ドライヤーは髪から20cm以上離す
  • ドライヤーを常に動かし、同じ箇所を長時間温めない
  • ある程度乾いたら冷風に切り替える

のが髪を傷めないコツです。
 

特に髪の毛は温風でキューティクルが開き、冷風でキューティクルが引き締まるので、最後に冷風を使うと髪に優しいです。

ブラッシング

髪の毛は、ブラッシングをすることによって生じる静電気で痛みます。

ブラッシングをしないわけにはいきませんが、使っているブラシが静電気を起こしやすいものであれば、静電気を起こしにくいブラシに変えてみるのがいいでしょう。

カラーで傷んだ髪をサラサラにする方法

サラサラの髪

カラーで傷んだ髪をサラサラにする方法は、髪の毛にしっかりと栄養を与え、補った水分を逃がさないようにすることです。

では、どのようにすれば傷んだ髪をサラサラにすることができるのでしょうか?!

キューティクルのダメージをできるだけ抑える

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いた状態です。

そのため、タオルドライで余分な水分を取り除き、素早くドライヤーの熱で乾かすことが大切です。
 

また、髪の毛の紫外線対策は肌に比べておろそかになりがちですが、通気性の良い帽子や日傘などを使って髪のダメージをできるだけ抑えましょう。

髪に栄養を与える

髪の毛に必要な栄養が行き渡らないと、髪がゴワゴワになるだけでなく、細くなり、抜け毛や白髪、くせ毛の原因にもなります。
 

食事から取り入れた栄養は、優先順位の低い髪にまでなかなか届きません。

ダイエットや偏った食生活で栄養が不足してしまうと、髪の毛にまで栄養が行かなくなるので気を付けた方がいいです。
 

サラサラの美しい髪にするには、良質なたんぱく質やビタミン、亜鉛などの栄養が必要になります。

肉や野菜、海鮮食品などをバランスよく食べるのが一番ですが、足りない栄養はサプリメントで補うのもいいでしょう。
 

また、頭皮に汚れが残っていたり、血行不良やストレスなどが原因であったりすると、髪の毛に栄養が届きにくいこともあります。

普段の食生活だけでなく、身体全体の健康面にも気を付けましょう。

シャンプー前のブラッシング

髪の毛をサラサラにしたいのなら、シャンプー前のブラッシングがおすすめです!

シャンプー前のブラッシングで、絡まった髪の毛をほぐし、ホコリや軽い汚れなどを取ることができます。
 

また、皮脂を髪全体に行きわたらせ、ゴワゴワだった髪の毛がサラサラになります。

ブラッシングの際には髪に根元からでなく、毛先から徐々にやさしくとかしていくのがポイントになります。

正しくシャンプーをする

シャンプーする

間違ったシャンプーの仕方は、逆に髪の毛を傷めてしまいます。

1. シャンプー前にお湯で洗う

シャンプー前にお湯でしっかり予洗いすることによって、ある程度の汚れを落とせ、シャンプーでの泡立ちを良くし、ゴシゴシ余計に洗わなくて済みます。

2. シャンプーは手で泡立ててから洗う

余計な水分を取り除き、シャンプーを手でしっかり泡立ててから頭皮に付け、指の腹を使って丁寧にマッサージする感じで洗います。

3. 念入りにすすぐ

シャンプー後にすすぎが足りないとシャンプーが頭皮に残ってしまい、髪の毛に栄養が行き渡らない原因になってしまいます。

シャンプーのぬめりが取れたと思っても頭皮に残っていることがありますので、できれば3分程すすぐのが理想的だと言われています。

また、市販のシャンプーは、洗浄力が強力ですのでできるだけ髪にやさしいシャンプーを選ぶことをおすすめします。

トリートメントを使う

正しいトリートメントを行えば、サラサラの髪にすることができます。
トリートメントの使い方をご紹介します。

1. 頭皮に付けない

トリートメントは、頭皮には付けないで髪の毛全体に伸ばします。
頭皮に付けると毛穴をふさいでしまい、トラブルの原因になりますので気を付けましょう。

2. 指で挟んで毛先から順に伸ばしていく

もみこむように少し圧をかける方が、成分が浸透しやすくツヤツヤになるだけでなく、まっすぐなサラサラヘアーにもなります。

3. 目の粗い櫛でとかす

目の細かい櫛だとダメージを与えやすいですが、目の粗い櫛を使って髪の毛全体に栄養を行きわたらせるのがいいでしょう。

おすすめのヘア用品は?

シャンプーの種類は、大きく分けて一般的に市販されている高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類です。

その中で最も髪や頭皮にやさしいのがアミノ酸系シャンプーで、美容院でもよく使われているものです。

ZACCスカルプシャンプー(アミノ酸と石鹸のハイブリットシャンプー)

※シャンプー&コンディショナーセット(各400ml) 定期購入 7,600円(+税)
従来のアミノ酸系の弱点を補ったシャンプーです。

チャップアップシャンプー(CUオーガニック ノンシリコンシャンプー)定期購入 3,280円

頭皮や髪の改善に良い成分で作られ、植物系成分22種、オーガニック成分10種が含まれています。

チャップアップシャンプー
 

リマーユヘアシャンプー リバテープ製薬 250ml 2,479円(税込)

老舗製薬会社が作り出したシャンプーで、地肌や毛髪のケアに優れた成分がダメージ補修だけでなく、髪の毛のまとまりも良くなります。

まとめ

髪を染めることによって、大切なキューティクルが剥がれてしまいゴワゴワの髪の毛になってしまいます。

そんな傷んだ髪の毛をサラサラにするのには、アミノ酸系のシャンプーを選んだり、シャンプーやトリートメントの仕方を正しくしたりすることなどで改善できます。
 

髪も肌同様に気にかけてあげて、サラサラヘアーを取り戻しましょう。