メイク応用編

つり目のアイメイク!アイラインの引き方で印象が変わる!

つり目

 

つり目の人の多くは目が小さく、顔がきつく見られるという悩みを抱えています。

女性らしいたれ目に憧れる人もいますが、つり目のようなクールな目元に憧れる人もいます。

そんなつり目の人のためにつり目を生かすアイメイク・つり目をたれ目に見せるアイメイクについてそれぞれご紹介します!

つり目を生かすアイメイク

アイメイク

つり目を生かすアイメイクのポイントは、アイシャドウとアイラインです。

まず、アイシャドウの淡い色味をアイホールにのせます。

アイシャドウをアイホールに塗る

そして、上の図のように目尻側のまぶたのフチに少し濃い目のアイシャドウを引いて、目に立体感をだします。

フチのアイシャドウが濃すぎると不自然に見えるため、アイホールの色より少し濃い目の色味を選びましょう。

アイラインは目尻ではねて描くことでつり目を強調したアイメイクになります。

アイシャドウの選び方

アイシャドウ

肌色にもよりますが、つり目を生かすアイメイクでおすすめの色味はブラウン系です。

目の際に濃いブラウンをのせて目尻まではねることでつり目を強調できます。

ピンクやイエローなど淡い色味では、あまり目につり目が強調されないためおすすめしませんが、そのような色を選ぶ場合でも、まぶたのフチにはブラウンよりの少し濃い色味を使いましょう。

アイラインは長めに引く

アイラインは目の印象を変える重要なポイントです。

アイライン

つり目を生かすには当然目尻からはねあげて引きますが、顔の輪郭によってアイラインの引き方が若干変わります。

面長の人の場合は目尻から角度をつけてはねると、顔の縦ラインが強調されしまうため、はねる角度には気をつけて引きましょう。

そして、丸顔の人は目に横幅を出すために少し長めにはねるように引きましょう。

アイラインをはねる

そして、上のラインからつなげて下ラインも目尻から3分の1ほど下まつ毛の生え際に沿ってアイラインを引くことでよりつり目を強調できます。

つり目をたれ目に見せるアイメイク

つり目をたれ目に見せるためには目尻の下を強調する必要があります。

まずアイラインはつり目メイクのときとは逆に、目尻から下目に向かって引きます。

そして、下ラインも目尻から下まつ毛の生え際に沿って3分の1ほど引いて上のラインとつなげます。

下ライン

アイラインだけでは線が細いため、濃いブラウンのアイシャドウで下のラインを足してたれ目を強調します。

たれ目メイクにおすすめのアイシャドウはピンク系やグリーンなどの淡い色味を使うと目元が優しく見えます。

淡い色味のアイシャドウ

アイシャドウでたれ目に

つり目をたれ目に見せるには、目尻にアイシャドウで影をつくる必要があります。

目尻にアイシャドウで影をつくる

そして、目尻の部分にもくの字のようにアイシャドウをのせることで、目をたれ目に見せる効果があります。

下まぶたの3分の1ほどアイシャドウをのせて、目尻に向けて少しずつ幅を広げるようにのせるとたれ目が強調されます。

目尻のアイシャドウが濃すぎるとおかしく見えてしまうため、アイシャドウの濃さには注意しましょう。

目尻のアイラインは細く

つり目をたれ目に見せるためには、アイラインは目尻から下に引きますが、目尻に向けて細くなるように引いていきます。

目尻のアイラインは細く

そして下ラインを3分の1程引いて、上のラインとつなげて引きましょう。

リキッドタイプのアイラインでもたれ目メイクはできますが、線が太くてぼかしやすいペンシルタイプを下ラインに使うことで下のラインがより強調されます。

ペンシルタイプ

もし、リキッドのアイラインがうまく引けなかった場合には、綿棒に乳液を染み込ませて、軽くこすると修正することができます。

まとめ

このように、つり目の人でもメイクの工夫次第でたれ目に見せることは可能です。

そして、自身のつり目を生かしたアイメイクもできます。

どちらもアイシャドウの使い方・アイラインの引き方によって変わるので、是非マスターしましょう!