メイク応用編

自分に似合うチークの色の選び方! チークの色で変わる印象の違いも!

チークの色

ピンク、オレンジ、コーラル、ベージュなどチークの色には様々な種類があります。
 

自分好みの色だと思って買ったけど、実際顔にのせてみたらなんか違う…となってしまうこともありますよね。

そんなチークの色選びでお困りの人に、肌別チークの選び方・チークの色によって変わる印象など紹介します!

肌の色で似合うチークの色は違う!

まず、人の肌色によって似合うチークの色は違います。

人の肌色は大きく分けて、イエローベースとブルーベースに分けられます。

それぞれの肌の特徴は以下の通りです。

【イエローベースの肌の特徴】

イエローベースの肌
  • 肌の色は黄色より
  • 腕から透けて見える血管の色は緑
  • 日焼けすると黒くなる
  • シルバーよりゴールドが似合う

 

【ブルーベースの肌の特徴】

ブルーベースの肌
  • 肌の色は白く透き通っている
  • 腕から透けて見える血管の色は青
  • 日焼けすると黒くならずに赤くなる
  • ゴールドよりシルバーが似合う

 

日本人のほとんどはイエローベースといわれていますが、イエローベースよりのブルーベース、ブルーベースよりのイエローベースの人もいます。

【イエローベースの肌に似合うチークの色】

イエローベースに似合う色

黄身が強い肌が特徴のイエローベースのお肌には、肌なじみの良い色が似合います。

健康的な肌のイエローベースに似合う色はコーラル系のピンクやオレンジ、ベージュなどが似合います。
 

NGな色は少し暗めのローズ系や青みのあるピンクです。

イエローベースの肌には浮いて見えてしまうことがあるので注意しましょう。
 

【ブルーベースの肌に似合うチークの色】

ブルーベースに似合う色

白くて透明感のあるブルーベースのお肌に似合う色は青みのあるピンクです。

肌を明るく見せたいときは明るいピンク、大人な雰囲気にみせたいときはローズ系のチークが似合います。
 

ブルーベースの肌にNGな色はオレンジやベージュです。

肌がくすんで見えてしまうことがあるのでなるべく控えましょう。

チークの色によって変わるメイクの印象

選ぶチークの色味によってメイクの印象を大きく変えることが出来ます。

【ピンク系のチーク】

ピンク系のチーク

一番よく使われるピンクは色の種類も豊富です。

ピンクのチークは、肌を明るく見せ、メイクがキュートなイメージになる効果があります。
 

キュート系のメイクが苦手な方は、ローズ系や少し淡いコーラルピンクを選んでみましょう。

ローズ系な大人なメイク、コーラルピンクはナチュラルな血色の良い肌に見せる効果があります。

【オレンジ系のチーク】

オレンジ系のチーク

イエローベースのお肌に特になじみやすいオレンジはフレッシュなメイクに見せることができます。

同じオレンジでも、明るいオレンジなら健康的なイメージ、少しトーンの落ち着いた色味なら落ち着いたイメージのメイクになります。

【ベージュ系のチーク】

ベージュ系のチーク

ベージュのチークはメイクをヌーディに、セクシーな雰囲気に仕上げることができます。

チークの色がのっているメイクが苦手な人におすすめです。

チークの位置はどう決める?

顔によってチークに合う位置は様々ですが、チークには基本のいれる位置があります。

チークの位置

チークの基本の入れる位置は笑ったときに頬の一番高くなる位置です。

小鼻と黒目の外側の延長線上で重なる部分を起点とし、そこから筆でひろげていきます。
 

可愛く見せたいとき

かわいく見せるチークの位置

可愛く見せたいときは頬の中心で丸くいれることで、キュートなメイクの印象になります。

シャープ(小顔)に見せたいとき

シャープに見せるチークの位置

シャープに見せたいときは耳から頬に向かって斜めにのせることで、クールなメイクの印象になります。

クリーム、パウダータイプのチークの違い

クリームとパウダー

チークにもクリームタイプやパウダータイプなど、様々な種類があります。

その違いについて説明します。

【クリームチーク】

クリームチーク

クリームタイプの特徴は、パウダータイプに比べて落ちにくく、ナチュラルに仕上げることができます。

メイク中に、チークの粉が服につくことがないというメリットもあります。
 

クリームチークの使い方は、リキッドファンデーションを塗ったあとに、クリームチークを指にとって、頬の高い位置にチークをのせ、そこから肌になじませていきます。

このとき、あまり広げすぎないように注意してください。
 

その後にパウダーファンデーションをのせます。

【パウダーチーク】

パウダーチーク

パウダーチークはクリームチークに比べてしっかりのせるころが出来て、チークの濃さも調整しやすいというメリットがあります。

パウダータイプは筆にとって頬にのせていきますが、クリームチークをした後に、仕上げでパウダーチークをのせると、時間が経ってもチークがおちにくくなります。

まとめ

以上がチークについてです。

チークはメイクの印象を左右するとても重要なポイントですが、色味や入れる位置を間違えるとおかしな印象になってしまいます。
 

もし、欲しいチークが肌に合う色かわからない場合は、試供品などを手の甲や肌にのせてみてから決めましょう。

何色かチークを持って、気分で色を変えるとメイクのバリエーションが増えて楽しいですよ!