メイクに関するQ&A

スキンケアとメイクの正しい順番は? メイク前のスキンケアのポイント!

スキンケア

みなさんはスキンケアやメイク、きちんとできていますか。

忙しい朝などはおろそかになりがちですよね。

メイクの崩れや乾燥する時期の肌のツッパリも正しい順番でスキンケアとメイクで改善できるのです。

スキンケアとメイクの正しい順番とメイク前のポイントを紹介しますので参考にしてください。

スキンケアの正しい順番は?

スキンケア

キレイにメイクをするにはスキンケアが大切です。

しっかり洗顔し、しっかり保湿を心掛けてください。
 

スキンケアの順番は水分の多いものから使っていきます。

洗顔後、化粧水から段々と油分の多いものを使用していきます。
 

肌に染み込ませた水分や化粧水の成分を逃さないように、乳液やクリームでお肌に蓋をすることが大切です。
 

1.洗顔

洗顔で皮脂の汚れや角質を落とします。

洗顔料をよく泡立てて力は入れず優しく洗顔します。

この時にぬるま湯を使うことで肌に負担をかけないので、ぬるま湯を使ってください。

2.化粧水

化粧水で肌にうるおいを与え整えます。

洗顔後は乾燥を防ぐために、すぐに化粧水をパッティングして肌に入れていきます。

化粧水がなじんだかどうか、顔に手を当ててピタッと吸い付くような感触になるまで化粧水を肌に入れていきます。

3.美容液

美容液で美白は保湿などのスペシャルケアに使います。

適量を手のひらに取り、少し温めてから顔全体にのせていきます。

4.乳液

乳液は化粧水や美容液の効果に蓋をする効果があります。

保湿効果も抜群なので乾燥する時期には必須アイテムです。

  1. 適量を手のひらに取り、少し温めてから顔全体にのせていきます。
  2. 顔の中心から外側へ向けて肌になじませるように塗ります。

乾燥しがちな目や口元は重ね塗りをおすすめします。

反対に、テカリが気になる鼻は一番最後に塗ると良いです。

5.クリーム

クリームは肌の乾燥を防ぎ化粧水や美容液、乳液の成分が蒸発しないように蓋をする効果があるのでスキンケアの最後に使います。

  1. 適量を手のひらに取り、少し温めてから顔全体にのせていきます。
  2. 顔の中心から外側へ向けて肌になじませるように塗り、最後に両手で顔を挟み押し上げます(ハンドプレス)。

スキンケアは優しくなじませることが重要です。

これでスキンケアは完了です。

メイクの正しい順番は?

メイク

メイクの正しい順番はまずベースメイクをしっかりとつくることです。

ベースメイクを怠るとメイクのノリやもちが変わってくるのでとても重要なのです。
 

1.ベースとなる下地を塗る

  1. まずは下地を塗ります。
  2. 適量の化粧下地をパール大ほどの量を顔全体にのせていきます
  3. 塗った後、顔全体になじむように指でのばしていきます。

 

2.コンシーラーでカバーする

  1. クマ、口角、小鼻、ニキビ、シミなどの気になるところにコンシーラーをのせてカバーします。
  2. こちらも下地同様に塗った後なじませるように指で軽くのばしていきます。

 

3.スポンジで軽く押さえる

スポンジに水を含ませ、顔全体を軽く押さえていきます。
 

ここでスポンジに水を含ませるのがポイントです。

この手順をふむことでベースメイクが肌に密着し化粧が崩れにくくなります。

顔全体をスポンジで軽くポンポンと押さえていきます。
 

4.ハイライトを塗る

  1. おでこ、鼻筋、顎、目頭、目の下にハイライトを塗ります。
  2. 縫った部分は指先で軽く伸ばしていきます。

 

5.ローライトを塗る

顔まわりにはローライト(シェーディング)を塗ります。
 

ローライトを顔まわりに入れることで小顔効果が期待できます。

ローライトはパフで伸ばします。

パフを使うことでよりナチュラルな仕上がりにすることができます。
 

6.パウダーをのせる

仕上げに、フィニッシュパウダーを顔全体にのせていきます。
 

ブラシを使うことで塗りすぎることを防いでくれます。

ここまででベースメイクは完了です。

その後は眉毛やアイメイク、チーク、リップなどをして終了です。

メイク前のスキンケアのポイント!

朝のスキンケア

朝のスキンケアは夜に比べて手を抜いてしまうことも多いのではないでしょうか。

でも、外へ出れば紫外線が降り注いでいますし、メイク崩れを防ぐためにも朝のスキンケアは大切です。
 

夜のスキンケアをきちんと行っていても、朝のスキンケアで保湿が不十分な場合、皮脂が過剰に分泌されて肌のべたつきからメイク崩れを起こしてしまう原因となります。

また、乾燥肌だと肌がかさつき、粉をふいた肌はシワができやすくファンデーションが割れてしまうこともあります。
 

朝のスキンケアが大切ということがわかりますね。

でも、どうしたらいいのでしょうか。
 

メイク前にお肌に十分うるおいを与えてあげれば化粧ノリがよくなります。

朝は忙しく時間に追われるので、時間の余裕を持てない方もいらっしゃるかもしれません。
 

そんな時にはシートマスクをおすすめします。

シートマスクをしながら身支度をすることで、化粧水や乳液を浸透させることになるのでスキンケアにかける時間が短縮できます。
 

また、オールインワンタイプのスキンケアもおすすめです。

オールインワンタイプの化粧品は化粧水と美容液、クリームなどが1本で済ませることができるのでとても便利です。
 

また、寝る前にはたっぷりの乳液で油分を与えても良いのですが、朝のメイクでは乳液の他に、日焼け止め、下地、ファンデーションなど油分を含む化粧品が多いため乳液は控えめにします。

肌に油分が多くなるとメイクがヨレてしまう原因となるからです。
 

別の方法として、朝スキンケアをした後、朝食を摂ってからなど時間をおいてからメイクをするとクリームや乳液が肌に浸透しているのでメイクのヨレを防ぐことができます。
 

簡単マッサージで乾燥やくすみ、肌の血行をよくしましょう。

肌がくすんで顔色が冴えない方はマッサージを毎日のスキンケアに取り入れてみましょう。

乾燥した肌だと摩擦で肌の刺激となってしまうことがあるので、手で優しくさすったり、軽く押すことで血の巡りを改善できます。
 

マッサージは朝のスキンケアで乳液やクリームを塗るときに行います。

肌の血行をよくするマッサージの手順

顔のマッサージ

1.顎の先を指で挟み、耳の下までさすり上げる

顎の先を人さし指と中指を曲げて挟み、そのまま耳の下までグッとさすり上げます。

2.小鼻の横から耳の手前まで指で流す

指を揃えた状態で小鼻の横から耳の手前まで指を滑らせる。

頬骨のところでグッと押さえるとツボを刺激するのでおすすめです。

3.眉頭から眉尻まで流す

眉のところの骨を指で挟み眉頭から眉尻まで流します。

眉のまわりのツボが刺激されてむくみがすっきりし、目元のくすみを防ぐ効果もあります。

4.耳を指で挟み、そのまま指を下に

人さし指と中指で耳を少し強めに挟んだら、その手を下へ動かし首筋、肩へと流していく。

リンパ液が流れるので顔全体がすっきりします。

この流れをワンセットとして3セット行います。

メイク前のポイントをおさえて、化粧崩れのない毎日にしましょう。

夜のスキンケアのポイント!

夜

夜は昼間に浴びた紫外線などで肌を酷使しているので優しく労ってあげたいものです。
 

たっぷりのうるおいケアと水分補給

洗顔後すぐにたっぷりうるおいを与えたいので、まずはブースター(導入液)をしたあと化粧水をコットンパックしてあげます。

その後、乳液やクリームで化粧水の蒸発を防ぐために蓋をします。
 

ポイント!オールインワンアイテム

夜のスキンケア、プラス優秀なオールインワンや美容クリームを塗ってパックします。

就寝用クリームもあるので、寝る前に付ければ翌朝の肌がモチモチになり、顔色もワントーンアップしている!と驚くはずです。

まとめ

今まで自己流にスキンケアやメイクをしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

これを機に正しいスキンケア、メイクを覚えてください。

毎日のスキンケアやメイクにひと手間加えることで化粧ノリがよくなったり、化粧崩れもにくくなったりと、毎日のお化粧が楽しくなりそうですね。