メイク応用編

今すぐ二重にする方法と1ヶ月で一重を二重に矯正する方法!

二重

ぱっちりした二重は一重まぶたの人の憧れです。

一重まぶたを二重にする方法には美容整形するという手段もありますが、お金がかかりますし、整形に抵抗に抵抗がある人も少なくありません。

そんな人の為にアイプチで二重にする方法、そしてセルフで目を二重にする方法をご紹介します!

今すぐ二重にする方法~アイプチの手順~

一重まぶたを二重にしたいとき、一番手っ取り早い方法がアイプチです。

コットン

アイプチの基本的な手順は、まず目元をコットンなどでふき取り、清潔にします。

まぶたに皮脂などが浮いている状態でアイプチをしても、時間が経つと取れやすくなる可能性があるからです。

そして、アイプチをするタイミングですが、ベースメイク前、ベースメイク後、アイメイク後、とアイプチをするタイミングは人それぞれ違います。

アイホール

ベースメイク後にアイプチをする人もいますが、アイシャドウの淡い色味をアイホールに塗ってからアイプチをすることをおすすめします。

なぜなら、アイシャドウを塗っていない状態でアイプチをすると、アイプチがくずれてきたときにアイシャドウの塗られていない皮膚がみえてしまうからです。
 

アイホールにアイシャドウを塗ってからアイプチをして、その後に締め色をのせてグラデーションを作りましょう。

その際、アイシャドウとベースはのせすぎないように注意しましょう。

のりタイプの使い方のコツ

のりタイプのアイプチ

アイプチで一番よく使われているタイプがのりタイプのアイプチです。

のりタイプのアイプチは初心者でも使いやすいですが、その反面で二重のラインがくっついて見える、時間が経つととれてくるなどのデメリットもあります。

のりタイプの使い方

のりタイプの使い方は、まず二重にしたいラインにアイプチのりを薄く引きます。

少し時間をおいてのりが乾いたらプッシャーを二重ラインを差し込み、二重を造ります。
 

プッシャーを抜くときに二重のラインがくずれてしまうことがある為、指で二重のラインを抑えてゆっくり抜きましょう。
 

くずれにくい二重テープ

二重のアイテープの特徴はのりに比べると周囲にばれにくくまぶたが厚い人に向いていますが、使い方に慣れるまで練習が必要です。

アイテープで二重をつくる手順は、まずは二重のラインにテープを貼ります。

アイテープ

そして、プッシャーを二重のラインに押し込み、二重をつくります。

プッシャーを抜いて二重の完成ですが、プッシャーを抜いたあとにも二重のラインがしっかりくっつくように、指でまぶたを押さえておきましょう。
 

自然に仕上がるファイバータイプ

ファイバータイプはばれにくく吸着力も高いため、アイプチ使用者からよく使われています。

ファイバータイプの使い方はまず二重のラインを決めておきます。

そして、ファイバーの両端を引っ張り、シール部分を出します。
 

ファイバーのテープ部分を二重のラインにおしあてて、そのまま二重ラインに食い込ませます。

最後に二重ラインからはみ出ている余分な両端を切って完成です。

アイプチファイバータイプ

テープでもファイバーでも、もし不安な場合はのりも一緒に塗っておくことで吸着力は高くなります。

1ヶ月で一重を二重に矯正する方法!

二重

アイプチの他にも、時間をかけてまぶたを二重に矯正する方法はあります。

アイプチと比べると時間はかかりますが、まぶたを矯正することで自然な二重ができあがります。

その方法についてご紹介します。
 

マッサージ

毎日まぶたにマッサージをして、二重の癖をつける方法です。
 

やり方

まずは目を大きく開き、まぶたの目頭に親指をのせます。

そして目頭から目尻に向けて脂肪をおしだすようにマッサージをします。

その後に、まぶたの目頭、真ん中、目尻の上を数秒おします。
 

その動作を毎日繰り返すことで、まぶたに二重の癖がつきます。
 

この動画だともっとしっかりやってますね。
 

ヘアピンを使って二重に

ヘアピン

ヘアピンで二重の癖をつける方法もあります。

まずはヘアピンの先端の丸い部分を二重のラインに食い込ませ、そのまま鼻にセロテープで固定します。
 

外ではできませんが、家の中で二重に固定したまま過ごすことで癖がつきやすくなります。

ただし、あまり強くくいこませすぎないことと、就寝中は危ないので取りましょう。
 

寝る前に塗るだけで寝てる間に二重に

最後におすすめなのが最近発売されたこちらの美容液です。


 

これは寝てる間に塗ることで二重まぶたを作ること専用に作られた美容液です。

使い方は夜寝る前にまぶたに塗るだけ。
 

眠りについてからの3時間は肌にとってゴールデンタイム。

さらにまばたきをしないから理想の二重を作るにはぴったりの時間帯なんです。
 

簡単にできて効果が出るのも早いおすすめの方法です。

まとめ

一重まぶたを二重にする方法は短時間で二重になるアイプチと、時間をかけて二重にする方法が挙げられましたが、マッサージなどの場合は効果には個人差があります。

まぶたに厚みがある人の場合は時間をかけても二重にならない場合もあるため、あまり強くこすったりしないように注意しましょう。
 

アイプチも使いこなすまでは時間がかかることもありますが、一重まぶたを二重にすることで顔の印象は大きく変わります。

自分の理想の目元になるようにチャレンジしてみましょう。

理想の目元