メイク初心者

初心者向けチークの入れ方!かわいくて似合うチークメイクのコツ!

チークメイク

自分に本当に合う色がわからない、頬のどこにのせるのが正解かわからない、、、など一見簡単そうにみえて、実はチークは人によってお肌に合う色、合う位置が違います。

自分に合うチークメイクを把握して、綺麗なチークのコツをつかみましょう。

チークはメイク全体の印象を大きく変える重要なパートなのでぜひマスターしてください!

チークメイクに必要な道具

チークメイクの道具

まずはチークメイクに必要な道具を用意しましょう。

チーク

リキッドタイプやクリームタイプのものなど色んな種類がありますが、初心者の方にはパウダータイプがおすすめです。

チーク筆

チークに付属で筆がついているものもありますが、小さい筆のものがほとんどなので、できれば1本あると便利でしょう。

自分の肌に合うチークの色の選び方

実は、ピンク一つとっても、人の肌の色によって似合うピンクと肌に合いづらいピンク色があります。

自分の肌色に合うチークの色の選びかたについて解説していきます!
 

まず、人は大きく分けて黄身の強いイエローベースのお肌と白っぽいブルーベースのお肌に分けられます。

日本人のほとんどの人がイエローベースですが、見分け方は血管の色や瞳の色でわかります。
 

腕から透けている血管の色がイエローベースの人は緑色、ブルーベースは青色に透けて見える傾向にあります。

瞳が黒目よりで白目が青みがかった白の人はブルーベース、瞳が茶色よりで白目が黄身がかった白の人はイエローベースに多い傾向です。
 

もちろん、全ての人が当てはまるわけではないので一概には判断できませんが、日焼けしたときに肌が赤くなるより黒くなる人はイエローベース、赤くなっても黒くならない人はブルーベースの傾向が強い、などの特徴もあります。
 

イエローベースの肌の人に合う色

イエローベースの人が合いやすい色は次のような肌なじみの良い色味です。

イエローベースに合う色

ブルーベースの肌の人に合う色

ブルーベースは透明感のある肌が特徴です。

ブルーベースの人が合わせやすい色は次のような青みのある色味です。

ブルーベースに合う色

顔のタイプ別!チークを入れる位置

人の顔の形によって似合うチークの入れ方は様々です。

それぞれ解説していきます。

丸顔タイプ

丸顔タイプ

丸顔の方は頬の中心(黒目の外側)からこめかみにむけて斜めにのせると、シャープな印象になります。

あまりチークの幅が広くならないように注意しましょう。

面長タイプ

面長タイプ

面長の方は頬骨の高いところより少し下の位置に楕円に水平にいれましょう。

斜めにいれると面長が強調されてしまうので注意してください。

逆三角タイプ

逆三角タイプ

頬の少し高めの位置、内側から大きく丸くいれます。
低めの位置に入れてしまうと顎が強調されてしまうので注意してください。

ホームベースタイプ

ホームベースタイプ

頬の中央から耳に向かって斜めにのせていきましょう。

頬にシェーディングカラーをのせるとシャープな印象になります。

卵型タイプ

卵型タイプ

上のどのタイプにも当てはまらなかった方は王道の卵型タイプです。

基本的な入れ方で、頬骨の一番高いところからこめかみにむかって斜めにチークをのせます。

チークの塗り方

まず、ブラシにチークをのせますが、初めて使うチークのときは一度、手の甲にのせてみて、色合いや色の濃さを確認しましょう。

次に、顔の中心から外側に向かってのせていきます。

チークの塗り方

このとき、口を閉じて、微笑みを作った状態で頬の浮き上がった部分を目安にするとよりわかりやすいです。
 

手の力は抜いて、優しくお顔に沿うようにのせていきます。

少しずつ鏡を見ながら足していきましょう。
 

あまり力をいれて塗ると濃くなってしまうので注意してください。

もし、思っていたよりもチークが濃くなってしまったり、基本の位置からはみだしてしまった場合はティッシュで軽く抑えるか、ファンデーションでカバーしましょう。
 

完成したらお顔から鏡を少し離して見て全体のバランスを確認しましょう。

鏡でチェック

チークは時間がたつと薄くなってきてしまうので、お出かけの際はポーチに入れて持ち歩き、トイレのときなどにチェックして薄くなってきていたらお直ししましょう。

チークで印象を変えるには?

チークの入れ方や色味でメイクの印象は変わります。
 

かわいい系

ピンク系のチークで、丸くのせると、可愛い系のメイクを演出することができます。

かわいい系

セクシー系

オレンジのチークは肌を健康的に見せてくれると同時に、斜めにいれると大人っぽくセクシーな印象になります。

セクシー系

クール系

クールな雰囲気に仕上げたいときは、ブラウン系のチークを頬骨の下に斜めにいれると、シェーディング効果もあり、クールな雰囲気に仕上げることができます。

クール系

ヌーディ

頬に濃い色がのっているのが苦手だったり、大人っぽく仕上げたい方は、肌なじみの良いベージュ系のチークを選ぶと、ヌーディ系の大人なメイクに仕上がります。

ヌーディ

ナチュラル

ナチュラルに仕上げたい方は、いつものチークの上からラベンダーチークをのせてふんわりぼかすと、透明感がプラスされてナチュラルな雰囲気に仕上がります。

ナチュラル

もちろん、ピンクのチークを斜めにのせてシャープにしてもいいし、オレンジのチークを丸くのせて健康的なメイクにしてみてもいいし、選ぶチークの色味と入れ方でメイクの印象は変わっていくので、是非色々試してみてください!
 

チークカラー

まとめ

以上がチークの基本的なのせかたです。

もし、自分の顔の形のタイプがよくわからない方は、最初は微笑んだ時の頬骨が膨らんだ位置でのせてみて、そこから顔全体の雰囲気を見て応用していきましょう。

チークの入れ方や色によってメイクの印象はかわるので、服や髪形に合わせてチークを変えてみてメイクを楽しみましょう。