メイク応用編

濃くて太い眉毛を薄く細くして美眉にする方法!眉マスカラの選び方!

濃い眉毛

生まれつきの地眉の生え方や、眉毛の濃さは人それぞれです。

地眉が濃い人は、顔が威圧的に見えてしまうことが多く、女性らしさを出すために眉のお手入れとアイブロウは欠かせません。
 

しかし、眉毛をどこまで剃ればいいのかわからない、アイブロウを描くともっと眉が濃くなってしまうのでは?、、、などの疑問も出てきます。

そんな濃い眉の人でも、美眉にできる方法をレクチャーします!

濃い眉を薄くする方法

前の項目でもご説明したとおり、地眉が濃い人にはアイブロウ前に眉のお手入れをしておくことは欠かせません。

まずはお手入れ方法からご説明します。

眉のお手入れ道具

眉のお手入れには眉ハサミ、カミソリ、毛抜きを使いますが、カミソリはI字型のカミソリより電動のカミソリの方がケガをする心配がなくておすすめです。

まずは、カミソリで眉の周辺の産毛を剃り落とします。

眉の周辺の産毛を剃り落とす

そして眉のコームか、クリューブラシでの毛を目頭から目尻に向かってとかし、毛流れを整えます。

そして眉コームの部分で眉毛をすくい、コームから出ている余分な毛をカットします。

眉毛を整える

特に眉頭あたりは毛が密集しやすいので、細かく毛をすくってカットしましょう。

ただし、あまり短く切りすぎると眉の間に不自然な隙間ができてしまうので、切りすぎないように注意しましょう。

そして、眉が濃い人は眉の間も濃い毛が生えている人が多いので、眉間の毛も剃っておくか、抜いておきましょう。

ただし、あまり広範囲を剃りすぎないように注意してください。

太い眉を細くして美眉にする方法

余分な毛を剃り落としたら、アイブロウパウダーで理想の眉の輪郭を描きます。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダーはなるべく明るいブラウンか、イエロー系で描くと眉のラインが自然に見えます。

そして、その輪郭からはみ出ている毛をカミソリで剃りましょう。

目に眉が近いほど目が大きく見える効果があるので、眉のラインを細くしたい場合は基本的に剃る部分は眉の上の部分で、眉下は余分な部分以外は剃らないようにしましょう。

カミソリで剃れない細かい部分は毛抜きで抜きましょう。

一度毛を抜くとしばらく生えてこなくなることがあるので、あまり広範囲に抜きすぎないように気を付けましょう。

眉のラインを整えたら、輪郭の中をパウダーで埋めていきます。

眉パウダー

眉の濃さは、眉の中心→眉頭→眉尻の順に濃くなっていくように、眉の中心にパウダーをのせて、眉頭と眉尻に向かってのばしていきましょう。

眉マスカラの選び方

眉が濃い人のアイブロウに欠かせないアイテムが眉マスカラです。

眉マスカラ

眉マスカラを使うことによって、眉の色を薄く見せる効果があるからです。

眉マスカラの選び方は基本的には髪色と同じトーンの色を使いますが、地眉が濃い人は髪色よりもワントーン明るい色を選びましょう。

髪色が黒色の人は暗めのブラウンを選ぶなどして、なるべく眉の印象が軽くなるようにメイクしていきましょう。

眉マスカラの使い方

まずは眉の毛流れを目頭→目尻に向かって流れるように、コームなどでとかしましょう。

そして、目尻から目頭に向かって、毛の流れに逆らうようにマスカラをのせていきます。

眉マスカラを乗せる

このとき、眉毛の根本から毛先までしっかり染まるように少しずつマスカラを足しながらのせていきます。

眉マスカラが眉下などにはみ出してしまった場合には、綿棒などで軽くこすってとりましょう。

無理にこすると余計に広がってしまう可能性があるので、焦らず少しずつ取っていきます。

ふんわり眉に合うアイメイク

ふんわり眉の場合、アイメイクが濃いと浮いてしまうため、あまり濃いアイシャドウはおすすめできません。

アイシャドウ

肌なじみの良いピンクやイエローなど、淡い系アイシャドウがすすめです。

アイシャドウの濃さは控えめで、アイラインとマスカラを使い、目力を出すようにしましょう。

ビューラー

特に、ビューラーで根本からしっかりカールさせるとによって、ナチュラルに目に存在感がでます。

まとめ

以上、地眉が濃い人のアイブロウのやり方でした。

地眉が濃いことがコンプレックスとなっている人もいますが、工夫しだいで美眉に変えることが出来ます。

美眉

自分に合った眉のラインを見つけ出し、しっかりお手入れをして美眉を目指しましょう!