メイク応用編

奥二重でも目を大きく濃く見せるアイメイクやアイシャドウのやり方を解説!

奥二重

奥二重といえば、ぱっちり二重の人とは違い、目の形が横に切れ長な為に少しクールな印象があります。

そんな奥二重ですが、メイクのやり方次第では目を大きくみせることも可能です。

そんな奥二重の人の為のアイメイク方法をご紹介します。

奥二重のアイメイクのポイントや注意点

アイラインの引き方

奥二重の人がアイメイクをするときの注意点はアイラインの引き方です。
 

奥二重の人はぱっちり二重の人に比べて二重の幅が狭い為、アイラインを太く引いてしまうと二重幅がアイラインで埋まってしまい、目が余計に小さく見えてしまいます。

そして、アイラインを目尻からはみ出しすぎると目が余計切れ長できつそうな目に見えてしまうので、アイラインの引き方には注意が必要です。

そして、アイシャドウも淡い色味は目が腫れぼったくみえてしまうことがあるので、アイシャドウの選び方にも注意が必要です。

アイシャドウ

奥二重をパッチリ大きく見せるには?

奥二重の目を大きく見せるには、前の項目でもご説明したようにアイラインを目の形に合わせて引くこと、そして他のポイントは涙袋とまつ毛です。

涙袋

まず、涙袋がある瞳は大きく見える効果があります。

もともと目に涙袋がある人は良いですが、涙袋がない人は描き足す必要があります。

涙袋をつくることで目に立体感が出て、縦幅も強調されます。

そして、上と下のまつ毛をマスカラでしっかりカールさせることで目の縦幅が強調されます。

奥二重アイメイクを濃く見せるには?

奥二重の人は、目が腫れぼったくみえてしまいがちで、濃いアイシャドウを使用しても二重幅に埋もれてしまい、よく見えないケースもあります。

その為、アイメイクをしていてもすっぴんとあまり変わらないということになっていしまいます。

すっぴん

そんな奥二重の人でもアイメイクを濃く見せるためには目の形に合ったアイシャドウを選び、目の形に合わせて塗っていくことで目を大きくみせることができます。

奥二重の人のアイメイク方法

まずは、眉を少し太めに描いて、なるべく目と眉の距離が近くなるように、眉下を描き足しましょう。

眉メイク

目と眉が近くなることで目が大きく見える効果があります。

しかし、あまり描き足しすぎると眉が不自然に見えてしまうので、眉の輪郭をぼかしながら描くと自然にみせることができます。
 

そして、アイシャドウはまぶたにグラデーションになるように塗っていきます。

アイホールに淡いベースの色をのせ、目の際には締め色の濃い色をのせます。

このとき、締め色はできるだけ幅を細くいれましょう。

目の際は締め色

そしてベース色と締め色の中間の色のアイシャドウで締め色とベースをなじませてグラデーションをつくります。

そしてアイラインをなるべく細く引いて、涙袋を描き足し、マスカラを塗って完成です。

奥二重におすすめのアイシャドウの色は?

奥二重の人はパール系の淡い色のアイシャドウを使用すると目が腫れぼったく見えてしまうことが多いので、濃い色味のアイシャドウの方がおすすめです。

ブラウン系

ブラウン系が一番肌になじみやすいですが、他にもグレーやグリーン系など、色味がはっきりしているアイシャドウを塗ることによって、目の立体感ができます。

そして、中間に使う色も、少し濃い色味を選ぶことで、目が華やかみ見せることができます。

奥二重の人の涙袋の描き方

元々涙袋がある人は、その上に明るい色味のアイシャドウをのせることで涙袋が強調されますが、涙袋がない人は描き足す必要があります。

涙袋の描き方

涙袋は下まぶたを指先で触ってみて、眼球のラインに沿って描くと自然になりますが、奥二重の人の場合は涙袋の縦幅を広くとると目のバランスが悪く見えてしまうことがあります。

そのため、涙袋の縦幅は大きくなりすぎないように注意しましょう。

涙袋の描きかたは、涙袋を描く用のライナーか、もしくは眉ブラシで薄いシャドウを使っても描くことができます。

ライナーとアイシャドウ

目の幅に合った涙袋の形に沿ってラインを描き、膨らんでいる部分には明るい色のシャドウをのせましょう。

ラインの色が濃いと不自然で、薄すぎると涙袋に見えない為、シャドウの場合はラインの濃さに注意しながら描きましょう。

マスカラの塗り方

奥二重の人が目を大きく見せるためには、まつ毛は重要なポイントです。

ビューラー

まずはビューラーでまつ毛の根本をはさみ、少しずつ上にカールさせるようにはさんでいきます。

根元→毛先に向けて何回かに分けてはさんでいきますが、あまり引っ張りすぎたりしないように注意しながらカールさせましょう。

そして、仕上げにマスカラを塗りますが、根本から毛先までしっかり塗れるように少しずつまつげにのせていきます。

マスカラを塗る

そして、下まつ毛を塗るときはマスカラを縦にしてまつ毛が下に向くように塗っていきましょう。

まとめ

以上が奥二重の人の目を大きく見せるアイメイクの方法です。

横長できつそうな印象を与えてしまいやすい奥二重ですが、涙袋やまつ毛を強調することで目の縦幅が出るので、奥二重の人でも目元を大きく華やかに見せることができます。

もともとのまつ毛が短い、毛量が少ないなど、マスカラをしてもまつ毛にボリュームが出にくい人はつけまつげやまつエクをしてまつ毛に長さやボリュームを足すことができます。

奥二重でもアイメイクの工夫次第で印象は大きく変わるので、是非自分の目に合ったアイメイクをマスターしましょう!